キャビテーション痩身の原理について

エステで行われているキャビテーションは脂肪を取り除く事によって痩身効果が得られますが、その原理については手術とは違って体を開く事はないので身体に大きな負担をかける心配もないです。
それにも拘らずに脂肪をどのようにして排出する事が出来るのか、キャビテーションのその原理についてを説明します。

キャビテーションというのは液体内部で圧力差を生じさせる事によって気泡を発生させ、その発生した気泡が弾ける力を利用して脂肪細胞を破壊します。
破壊された脂肪細胞はどうなるのかというと、そこから出てきた脂肪は乳化されて血液やリンパを通り、それがさらに肝臓などで処理される事で体外へ排出されるようになっています。
これがエステで用いられているキャビテーションの基本的な原理となっています。

それではエステではどうやってキャビテーションの原理を利用して気泡を発生させるのかというと、専用の機械を用いて超音波を発生させ、肌に超音波を当てます。
その超音波が脂肪細胞内の液体を振動させる事で圧力差を生じさせてキャビテーションを起こさせるのです。
超音波は脂肪細胞に対して働きかけるようにして脂肪の周辺にある血管には影響を与えないことは確認されているので、超音波が他の周辺組織に作用して悪影響を与えてしまう心配はないです。

食事制限や運動によるダイエットの場合はリバウンドにも気をつけなくてはならないですが、キャビテーションの場合は脂肪細胞が破壊される事によってリバウンドを起こしにくいというメリットもあります。
キャビテーションエステ徹底ガイド|効果はあるの?おすすめランキング決定版!はこちら